L-92 乳酸菌ラボ

乳酸菌とアレルギー

新しいアレルギー対策「L-92 乳酸菌」

「アレルギーのメカニズム」でもお伝えした通り、私たちの免疫機能は、Th1とTh2という2つの免疫細胞がバランスよく力を発揮することで正常に働き、外敵から体を守っています。しかし、現代社会では生活習慣や環境の変化などが原因で免疫細胞のバランスがとれず、それがアレルギー病の増加につながっています。

そこで今注目されているのが、おなじみの「乳酸菌」です。
乳酸菌のなかにはTh1細胞を活性化させて免疫バランスを改善し、アレルギー反応を抑える働きをもつ種類があることが最近の研究でわかってきました。なかでも特に最近注目されているのが、「L-92乳酸菌」と呼ばれる乳酸菌です。

L-92乳酸菌は、Th2を抑制し、体内のTh1、Th2のバランスを整えることによってアレルギー抑制につながることが動物実験でも実証されています。このTh2抑制には2つのタイプがあります。

@=Th1細胞を増加させる効果
A=Th2細胞のアポトーシス(細胞が自滅し死ぬこと)を誘導する効果

「L-92乳酸菌」は様々な研究が行われており、下記のような症状が軽くなる事が認められています。

乳酸菌による免疫バランスの改善

L-92乳酸菌の研究データ

子供 グラフ1「アトピー」L-92乳酸菌の小児アトピー性皮膚炎の改善作用

青線-L-92乳酸菌を摂取したグループ(n=25) 黒線-摂取しなかったグループ(プラセボ)(n=24)

二重盲検法 100mg相当 8週間投与
観察期間:2006年10月〜2007年5月

アトピー性皮膚炎をもつ1〜12歳までの小児59名を2つのグループに分け、片方のグループにL-92粉末100mg+デキストリン900mgを、もう片方のグループにデキストリン1000mg(プラセボ)を8週間摂取してもらい経過観察しました。

L-92粉末100mg+デキストリン900mgを摂取したグループのほうが、プラセボのグループよりも有意なアトピー性皮膚炎の治療補助効果が認められました。

出典:
カルピス社 健康・機能性食品開発研究所
2007年度 第10回日本臨床腸内微生物学会総会より一部改変

大人 グラフ2「目」L-92乳酸菌の花粉症(目症状)に対する有効性

青線-L-92乳酸菌を摂取したグループ(n=12) 黒線-摂取しなかったグループ(プラセボ)(n=11)

単盲検法 60mg相当 6週間投与
観察期間:2002年2月8日〜4月7日

花粉症を患う23名のボランティアを2つのグループに分け、片方のグループにL-92発酵乳を、もう片方のグループに擬似発酵乳(プラセボ)を6週間摂取してもらい経過観察しました。

1週間目からプラセボのグループよりもL-92発酵乳を摂取したグループの目の症状が緩和し、L-92乳酸菌の有効性を確認しました。

出典:
BioSci. Biotechnol. Biochem. 69(9):1652-1660 (2005)より一部改変

大人 グラフ3「鼻」L-92乳酸菌の通年性アレルギー性鼻炎(鼻症状)に対する有効性

青線-L-92乳酸菌を摂取したグループ(n=25) 黒線-摂取しなかったグループ(プラセボ)(n=24)

二重盲検法 21mg相当 8週間投与
観察期間:2002年12月2日〜2003年2月24日

通年性アレルギー性鼻炎の49名のボランティアを2つのグループに分け、片方のグループにL-92発酵乳を、もう片方のグループに擬似発酵乳(プラセボ)を8週間摂取してもらい経過観察しました。

開始2週間目からプラセボのグループよりもL-92発酵乳を摂取したグループの鼻症状が緩和し、L-92乳酸菌の有効性を確認しました。

出典:
Journal of Dairy Science 88:527-533 (2005)より一部改変

L-92乳酸菌関連のお話:ご自分を守るために「アレルギーに負けない体づくり」/ お子様を守るために「アレルギーと腸内環境」