L-92 乳酸菌ラボ

乳酸菌とアレルギー

新しいアレルギー対策「L-92 乳酸菌」

「アレルギーのメカニズム」でもお伝えした通り、私たちの免疫機能は、Th1とTh2という2つの免疫細胞がバランスよく力を発揮することで正常に働き、外敵から体を守っています。しかし、現代社会では生活習慣や環境の変化などが原因で免疫細胞のバランスがとれず、それがアレルギー病の増加につながっています。

そこで今注目されているのが、おなじみの「乳酸菌」です。
乳酸菌のなかにはTh1細胞を活性化させて免疫バランスを改善し、アレルギー反応を抑える働きをもつ種類があることが最近の研究でわかってきました。なかでも特に最近注目されているのが、「L-92乳酸菌」と呼ばれる乳酸菌です。

「L-92 乳酸菌」は、Th2を抑制し、体内のTh1、Th2のバランスを整えることによってアレルギー抑制につながることが動物実験でも実証されています。このTh2抑制には2つのタイプがあります。

①=Th1細胞を増加させる効果
②=Th2細胞のアポトーシス(細胞が自滅し死ぬこと)を誘導する効果

「L-92乳酸菌」は様々な研究が行われており、下記のような症状が軽くなる事が認められています。

乳酸菌による免疫バランスの改善

「L-92 乳酸菌」の研究データ

子供 子供試験1「アトピー」「L-92乳酸菌」の小児アトピー性皮膚炎の改善作用

(図1)皮膚症状+治療スコア(SMS)

「L-92乳酸菌」を摂取したグループ
(n=26)

摂取しなかったグループ(プラセボ)
(n=24)

ランダム化プラセボ対照二重盲検試験
100mg相当 8週間投与

アトピー性皮膚炎をもつ1〜12歳までの小児50名を2つのグループに分け、片方のグループに「L-92乳酸菌」粉末100mgを含む食品、もう片方のグループに「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を8週間摂取してもらい経過観察しました。
どちらのグループも通常の投薬治療は継続したまま、経過を比較しました。

「L-92乳酸菌」粉末100mgを含む食品を摂取したグループのほうが、プラセボのグループよりも有意なアトピー性皮膚炎の治療補助効果が認められました。

出典:
Int. Arch. Allergy Immunol., 154:236-245(2011)よりデータ改編
(図2)血清中のTARC濃度

※ TARC(Th2を活性化させる因子、アレルギー症状と関連する)



血液検査の結果、TARC(Th2細胞を活性化させる因子、アレルギー症状と関連する)の上昇が抑えられました。

出典:
Int. Arch. Allergy Immunol., 154:236-245(2011)

大人 大人試験2「アトピー」「L-92乳酸菌」の成人アトピー性皮膚炎の改善作用

(図3)皮膚炎スコア(SCORAD)
皮膚炎スコア(SCORAD)

※SCORADとは、Scoring of Atopic Dermatitlesの略で、アトピー性皮膚炎の重症度の程度を評価するために開発された指標。皮膚炎の範囲、皮膚炎の強さ、およびかゆみなどの自覚症状の3つの要素から算出される。

(図4)血液中の好酸球数
血液中の好酸球数の変化の比率
(図5)Treg誘導因子(TGF-β)
TGF-βの変化の比率

「L-92乳酸菌」を摂取したグループ
(n=24)

摂取しなかったグループ(プラセボ)
(n=25)

ランダム化プラセボ対照二重盲検試験

18歳から54歳のアトピー性皮膚炎患者49名を2つのグループに分け、24名に「L-92乳酸菌」を含む食品を、25名に「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を8週間摂取してもらいました。どちらのグループも通常の投薬治療は継続したまま、経過を比較しました。

「L-92乳酸菌」を摂取した群では、摂取していない群と比較して、皮膚炎スコア(SCORAD)が改善しました。また、アレルギー性の炎症に伴って増加する血液中の好酸球数が低下しました。さらにTreg(免疫調整に働くT細胞)誘導因子の一つであるTGF-βが増加しました。

出典:
Int. Arch. Allergy Immunol., 165,247-54(2014)

大人 大人試験3「眼」「L-92 乳酸菌」の花粉症(眼症状)に対する有効性

(図6)眼の症状+治療スコア

「L-92乳酸菌」を摂取したグループ
(n=12)

摂取しなかったグループ(プラセボ)
(n=11)

単盲検法 6週間投与

花粉症を患う23名のボランティアを2つのグループに分け、片方のグループにL-92発酵乳を、もう片方のグループに擬似発酵乳(プラセボ)を6週間摂取してもらい経過観察しました。

1週間目からプラセボのグループよりもL-92発酵乳を摂取したグループの眼の症状が緩和し、「L-92乳酸菌」の有効性を確認しました。

出典:
BioSci. Biotechnol. Biochem. 69(9):1652-1660 (2005)より一部改編

大人 大人試験4「眼・鼻」「L-92乳酸菌」の花粉症(眼と鼻の症状)に対する有効性

(図7)眼の症状(かゆみ)
眼のかゆみスコア
(図8)鼻の症状(くしゃみ)
くしゃみスコア

「L-92乳酸菌」を摂取したグループ
(n=81)

摂取しなかったグループ(プラセボ)
(n=82)

ランダム化プラセボ対照二重盲検試験

2018年1月〜4月に行われた試験では花粉症症状(軽症〜中等症)を有する成人男女163名を対象に、「L-92乳酸菌」20.7mgを含む食品を摂取するグループ(81名)と「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を摂取するグループ(82名)に分けて、12週間摂取してもらい経過観察しました。

「L-92乳酸菌」を摂取したグループでは摂取していないグループに比べて、眼のかゆみ、くしゃみの回数などの症状の緩和が認められました。

出典:
薬理と治療, 46(12), 2011-2018(2018), データ改編

大人 大人試験5「鼻」「L-92 乳酸菌」の通年性アレルギー性鼻炎(鼻症状)に対する有効性

(図9)鼻の症状+治療スコア

「L-92乳酸菌」を摂取したグループ
(n=25)

摂取しなかったグループ(プラセボ)
(n=24)

ランダム化プラセボ対照二重盲検試験
20.7mg相当 8週間投与

通年性アレルギー性鼻炎の49名のボランティアを2つのグループに分け、片方のグループに「L-92乳酸菌」を含む発酵乳を、もう片方のグループに「L-92乳酸菌」を含まない発酵乳(プラセボ)を8週間摂取してもらい経過観察しました。

開始2週間目からプラセボのグループよりもL-92発酵乳を摂取したグループの鼻症状が緩和し、「L-92乳酸菌」の有効性を確認しました。

出典:
Journal of Dairy Science 88:527-533 (2005)よりデータ改編

コラム「L-92乳酸菌」のインフルエンザ感染抑制やNK細胞活性の可能性

(図10)唾液中のA型インフルエンザウイルス検出(率)
A型インフルエンザウイルスの検出(率)
(図11)NH(ナチュラルキラー)活性
肺のNK(ナチュラルキラー)活性

※ NK活性:免疫細胞の一種であるNK細胞の活性

発酵乳に「L-92乳酸菌」を添加した食品摂取群
(n=111)

摂取しなかったグループ(非摂取群)
(n=110)

インフルエンザが流行しやすい冬季に、体調を崩しやすい方を対象に、発酵乳に「L-92乳酸菌」を添加した食品100gを摂取する群111名と非摂取群110名の2つのグループに分け経過観察しました。

発酵乳摂取群は唾液からA型インフルエンザウイルスが検出された人の割合が低くなっていることが示されました(図10)また、38℃以上の高熱を発熱した人数の割合は対照群と比較して少ないという結果が得られました。さらに、動物試験の結果によると、免疫細胞の一種であるNK(ナチュラルキラー)細胞の活性が高まっていることが確認されました(図11)。これらの結果から「L-92乳酸菌」がインフルエンザの感染を抑制する可能性が示唆されました。

出典(図10):
Biotechnology Reports,7,64-71(2015)
出典(図11):
Br.j.Nutr., 110,1810,1810-1818(2013)

もっと「L-92乳酸菌」ついて詳しく:ご自分を守るために「アレルギーに負けない体づくり」/ お子様を守るために「アレルギーと腸内環境」