お子様をアレルギーから守るために

アレルギーと住環境

掃除をする前に

子どものアレルギー対策を考えるなら、「掃除はできるだけたくさんやったほうがいいはず!」と思っている方は多いのでは?
ところが、掃除はすればするほどいいというわけではないのです。むしろ、掃除のしかたによっては、さらにアレルギーを悪化させる原因になることもあります。大切なのは、ポイントを掴み、効率よく掃除をすること。育児や仕事で忙しいお母さんに負担がかかり過ぎないように、子どもやご主人と一緒に家族みんなで掃除をするのもおすすめです。といっても、家中を子どもと一緒に掃除するのではなく、たとえばトイレなど場所を決めて子どもに任せてみるのです。トイレなら少しの掃除でもきれいになったことを実感しやすいですし、健康のバロメーターである尿や便と向き合うことにより、食や健康に対する感謝の気持ちが生まれます。お父さんなら、換気扇や電球の傘など、家の高い部分を任せてみてはどうでしょう? 楽しく健やかな家庭生活のためにも、家族みんなで掃除をする習慣をつくってみてはいかがでしょうか。

イメージ

効率のいい掃除は、まず"敵"の居場所を知ることから

アレルギーの原因となるホコリやダニは、家の中のどこに潜んでいるのでしょう?
ホコリは、高いところから低いところに落ちていきます。室内を上から順に見ると、カーテン、窓枠、棚の上、電気の傘などがありますね。布張りのソファやクッション、座布団やぬいぐるみも要注意です。そして下に落ちたホコリがたまる場所が、床の上です。基本的にホコリは床に平行な面にたまるので、そこを意識すればいいのです。ホコリは人が動くと舞い上がり、ゆっくり時間をかけて落ちていきます。そこで、ホコリが落ち切った「起きてすぐ」か「帰宅直後」が掃除のタイミング。いきなり掃除機をかけると床にたまったホコリを巻き上げてしまうので、高いところから低いところへ、順にワイパーやモップをかけてぬぐい取りましょう。掃除機をかけるときは、空気の通り道ができるよう窓を2カ所以上開けて換気すること。窓が開けられないときは、換気扇を回したり、空気清浄機をフル回転させるだけでも違います。掃除機は排気のきれいなものを選び、集塵袋はできれば2重になったものをこまめに交換するようにしましょう。毎日完璧な掃除をするのは大変なので、寝室、リビングなど使用頻度の高い部屋の掃除を優先し、残りの部屋は休みの日など時間のとれるときに順序を決めて行うのもおすすめです。

アレルゲンの室内隠れ場所

布団は表面ではらい、掃除機をかけるのがベスト

子どもは大人に比べて、布団の中で過ごす時間が長いため、寝具にダニやハウスダストがついていると長時間アレルゲンにさらされることになってしまいます。よくある間違いは、干した後に布団を強く叩く事!!ダニやハウスダストを粉砕しシーツや枕カバーにそれらをつぶして布団になすり付けていることと同じなのです。つぶされたダニやダニの死骸は吸入されやすく、より強力なアレルゲンとなります。布団は軽くはらい、裏と表をしっかりと掃除機をかけるようにしましょう。シーツや枕カバーはこまめに洗濯すること。また、ダニを通さない高密度の繊維でできた寝具なども活用するといいでしょう。

布団は軽くはたき、掃除機をかける

他に環境について詳しく:アレルギー基礎知識「環境とアレルギー」