アレルギー基礎知識

アレルギーの症状

そもそもアレルギーって?

私たちの身体には、体内に入ってきた細菌やウイルスといった異物(抗原)を排除し、からだを守る「免疫機能」があります。しかし、通常は反応しないようなものにまで免疫機能が過剰に働いてしまい、自分自身の体を傷つけてしまうことを「アレルギー」といいます。そして、そのような症状をひき起こす異物(抗原)を「アレルゲン」と呼びます。

アレルギーの症状は実にさまざま!

アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギー、じんましんなど、一言でアレルギーといっても、その原因や症状はさまざまです。近年アレルギーをもつ人は増えており、現在はなんと日本人の3人に1人が何らかのアレルギーをもっているといわれています。その増加を最も実感できるのは、スギを代表とした花粉症ではないでしょうか。そして、ハウスダストやダニを吸い込むことによって起こるぜんそくや、金属アレルギーのように、アレルゲンが直接に触れたところにあらわれる症状も多くあります。

主なアレルギー症状

アレルギーの原因をきちんと理解して、予防・対処を心がけましょう

食物や薬のアレルギーで起こる、"アナフィラキシー"といわれる急性のアレルギー反応では、血圧低下や呼吸困難、意識障害など、とても危険な状態を引き起こすこともあります。
また、花粉やホコリによってくしゃみや鼻水がでる花粉症などのアレルギーをもつ人は、食物中のアレルゲンが原因の下痢や吐き気といった、消化管のアレルギーももっている可能性が高いなど、関連があることもわかっています。
たとえ体の一部のアレルギー症状であっても、全身の免疫バランスの崩れが原因であることを考えて対処することがとても必要です。

食事風景

どのようにアレルギーが起こるの? 次は「アレルギーのメカニズム」のお話